スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

POG2010-2011途中経過

POG2010-2011の折り返しとなりましたので、我がPOG馬の成績を振り返りましょうか。

リフトザウイングス 4戦1勝 東京スポーツ杯2歳S 2着
コティリオン 3戦1勝 ラジオNIKKEI杯2歳S 3着
プランスデトワール 1戦1勝
デボネア 4戦1勝 
プレイ 5戦1勝

ロンズデーライト 4戦0勝
ゼンノルジェロ 2戦0勝
エアジョイント 3戦0勝
マスクトヒーロー 未出走
オーヴェルニュ 屈腱炎を発症 未出走のまま引退

半分の5頭が勝ち上がりとまずまずの成績なのですが、能力を発揮できないまま敗れるレースが続いて気持ち的には晴れませんね。
まずはリフトザウイングスですが、父のハーツクライと同じく栗東の坂路で好時計を連発する素質馬。
ラジオNIKKEI杯2歳Sでは、直線でなかなか進路がなく、苦労しながらも2着を確保してくれたのは大きいね。
賞金的に皐月賞には出られそうです。
朝日杯FSは正直勝てると思っていたんだけど、4コーナーで不利を受けた馬の後ろにいたため、大外を周るロスが響いて5着。
残念な結果ではあるけど、能力を再確認できたレースでした。

コティリオンは、ベゴニア賞、ラジオNIKKEI杯2歳Sと2戦続けて馬群に包まれて消化不良の敗戦。
2戦ともスムーズなら勝っていたと言う内容だっただけに残念ですね~
能力は間違いなくG1級なんだけど、折り合いに不安があるのと賞金を加算できていないのが気がかりな所。

リフトザウイングスとコティリオンはこのまま無事に春を迎えられたらクラシックはかなり楽しめそうです( ・∀・)b
スポンサーサイト

テーマ : POG
ジャンル : ギャンブル

カテゴリー
お得な情報
ブログランキング
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。