スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東野圭吾原作「流星の絆」「白夜行」は名作!

今年に入ってDVDで観始めた流星の絆が素晴らしく良かった( ・∀・)b
原作本もTVでOAされていた時も観ていなかったんだけど、レビューの良さに惹かれて観たら名作と呼べる完成度だった。
シリアスとコメディ部分の落差が凄いけど、全然違和感がない。
特にコメディの妄想係長高山が最高ですw
最終話の予想もしなかった展開には驚かされましたね。
犯人がまさかあの人物とは・・・
原作本を読んだりして犯人を知ってから観ると面白さが半減かな。

同じ東野圭吾の原作のドラマで名作と言えば白夜行でしょう。
こちらは完全にシリアスなストーリーのみ。
主演の山田孝之、綾瀬はるかもそうですが、何と言っても武田鉄矢の刑事役がハンパなくハマってますね。
一方で映画の白夜行は全然ダメだった。
原作は同じでもスタッフ、キャストが違うとこうも違うのかと思わされましたね。
スポンサーサイト

テーマ : DVD
ジャンル : テレビ・ラジオ

カテゴリー
お得な情報
ブログランキング
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。